慶應義塾大学

慶應義塾大学青木義満研究室

慶應義塾大学青木義満研究室

english

研究内容

  • パターン認識・画像センシングの新領域開拓

    深層学習は画像パターン認識において欠かせないものとなっています.当研究室では,単に既存の深層学習モデルを用いるだけでなく,新たなアーキテクチャや学習手法,内部を可視化・理解するための試みなど,更なる認識精度向上や人と親和性の高い認識システムの実現に向けた研究を進めています.また,画像計測・認識・生成を含む新しい画像センシングを追求し,その新領域開拓を目指しています.

    → 詳しくはこちら

  • 人物動作解析・行動認識技術

    当研究室では,人の形状や動作を高精度かつ効率的にモデリングする表現の獲得と,機械学習による人物認識の研究を進めてきました.映像中からの頑健な人物の検出・追跡,姿勢推定,動作解析,行動認識・予測技術に関する研究,及びその多方面への応用を進めています.

    → 詳しくはこちら

  • スポーツ映像解析

    スポーツにおける映像からの定量的なプレー解析は,選手の競技レベルやモチベーションの向上,コーチング支援,新たな放送映像コンテンツ提供において重要になっています.当研究室では,様々なスポーツフィールドにおいて実際に活用可能なスポーツ映像解析の手法及びシステムについて研究を進めています.

    → 詳しくはこちら

  • 知能ロボティクス

    これまでのロボットは,丁寧な指示に基づき,様々なサービスを行ってきました.当研究室では,実時間での人物行動認識,物体・環境認識技術と,過去の行動ログなどを用い,シーンや人物の状況を察し,様々な”気付き”を得ながら,適切に振る舞う知能ロボットの研究開発を進めています.

    → 詳しくはこちら

  • 実世界センシング

    画像センシング技術は,実世界の様々な場面での活用が期待されています.当研究室では,自動車,医療など,様々な分野における新たな画像センシング技術の活用を目指しています.

    → 詳しくはこちら

  • Aoki Media Sensing Lab.

    Keio University
    Dept. of Electrical Engineering, Faculty of Science and Technology

    3-14-1 Hiyoshi, Kohoku-ku, Yokohama, Kanagawa

    223-8522, Japan

    Copyright © 2018 Aoki Media Sensing Lab. All Rights Reserved.
    トップへ戻るボタン